スポンサーリンク

【GeForce Experience】PCゲームでfps(フレームレート)表示

029_00

GeForce Experienceを使ってPCゲームでfps(frame per second、フレームレート)を表示させる方法を紹介します。

※GeForce Experienceには様々な機能がありますが、ここで紹介するものはfps表示に関係するものだけに限定しています。

1. GeForce Experienceの導入と起動

1.1 GeForce Experienceのダウンロード

GeForce Experienceは下記のリンク先からダウンロードが可能です。
https://www.nvidia.co.jp/object/geforce-experience-download-jp.html

今すぐダウンロードというボタン(下画像参照)をクリックして、GeForce_Experience_v3.20.3.63.exeをダウンロードします(バージョンによってはvの後の番号が違うこともあります)。

geforce experience download

1.2 GeForce Experienceのインストール

ダウンロードしたGeForce_Experience_v3.20.3.63.exeを実行してインストールを行います。

1.3 GeForce Experienceの起動

インストールが完了したら、GeForce Experienceを起動します。
GeForce Experienceの起動にはNVIDIAのアカウント、またはGoogleやFacebookなどのアカウントが必要になるので、新規に作成するか、または既存のものを使用してログインしてください。

GeForce Experienceが起動したら①設定 > ②全般と進み、③ゲーム内のオーバーレイにある④スイッチが緑色(右側)になっていることを確認してください(下画像参照)。

 

geforce experience

fps表示に関する機能は、キーボードのショートカットとオーバーレイ表示されるメニューから実行するので、ゲーム中にGeForce Experienceを起動させておく必要はありません。スイッチの確認ができたらGeForce Experienceは閉じてしまって構いません。

1.4 GeForce Experienceのアンインストール

GeForce Experienceのアンインストールについては、Windowsのプログラムと機能から行ってください。

2. GeForce Experienceでfpsを表示させる方法

ここからは、GeForce Experienceでfpsを表示させる方法についてです。

GeForce Experience 導入後は、Alt+Zを押すとGeForce Experienceのメニューがオーバーレイ表示されるようになるので、右のほうにある設定のボタン(ギアのアイコン)をクリックします(下画像参照)。

029_02

下の画像のような設定のメニューが表示されたら、HUDレイアウトをクリックしてください。

029_03

HUDレイアウトの設定画面が表示されたら、FPSカウンターをクリックして、位置でfpsの表示位置を右上・右下・左上・左下から選択してください(下画像参照)。これでゲーム中にfps表示が可能になります。
fps表示の機能を使用しない場合には、オフを選択してください。

029_04

ゲーム中に表示されるfpsは、下の画像のように表示されます。

029_05

ゲーム中にAlt+F12キーで、fpsの表示非表示の切り替えが可能です。
設定のメニューのキーボードショートカットでは、fps表示のオンオフの切り替えのショートカットの変更ができます。

一部GeForce Experienceのオーバーレイが機能しないゲームもあるようですが、ゲームを起動したときに画面右上に「Alt+Zを押してゲーム内の…」(下画像参照)という表示が出ればfpsは表示されると思います。

028_02

3. パフォーマンスオーバーレイについて

FPSの他にCPU使用率やGPU使用率をオーバーレイ表示させることができるパフォーマンスオーバーレイという機能がありますが、こちらはGeForce Experience 3.20.5.70の(2020年12月)時点では試験的機能となっています。

試験的機能はデスクトップにあるショートカットなどからGeForce Experienceを起動させて、設定全般説明にある「試験的機能を有効にします。」のチェック(下画像参照)を入れると有効になり、パフォーマンスオーバーレイを使用することができるようになります。

geforce_experience

試験的機能を有効にした後、Alt+Zを押してGeForce Experienceのメニューを呼び出し、設定のボタン(ギアのアイコン)からHUDレイアウトを選択すると、FPSカウンターとなっていた場所がパフォーマンスに変更され、FPSのみ表示するFPS、FPSに加えてCPU使用率やGPU使用率なども表示するベーシック、さらにクロック・GPU温度・ファン速度なども表示するアドバンスが選択できるようになります。
表示位置は「位置:」のところで変更が可能です。

geforce_experience

パフォーマンスオーバーレイを表示するショートカットキーは初期設定でAlt+Rとなります。
また、Alt+Zを押して表示されるGeForce Experienceのメニュー(ギャラリーの上)にパフォーマンスという項目が追加されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました