スポンサーリンク

【Subnautica】Mod「Repair Module」の使用方法

317_00

PC版Subnauticaで使用できるMod「Repair Module」の紹介をします。

Repair Moduleは、シーモス及びプラウンスーツに乗ったままで修理が可能になるモジュールを追加するModです。
以下でRepair Moduleの導入方法と使用方法について紹介をしていきます。

1. Repair Moduleの導入方法
2. Repair Moduleの使用方法

※Mod等の使用は自己責任です。

1. Repair Moduleの導入方法

1.1 準備

1.1.1 Nexus Modsのアカウントについて

こちらのModはNexus Modsというサイトで公開されています。
Nexus ModsからModをダウンロードするにはアカウントが必要になるので、予め準備しておいてください。

1.1.2 Vortexについて

この記事では、Modの導入を手動で行う方法を紹介しますが、Nexus ModsのVortexを使用するとModの導入・管理が楽になるのでおすすめです。
Vortexの使用方法などについては、「【PC版MHW】VortexでMod管理 その1」で紹介をしています(MHW用の記事ですが、Subnauticaでも同様に扱えます)。

1.1.3 QModManagerについて

こちらのModを使用するには、QModManagerが必要になるので事前に導入を済ませておいてください。
QModManagerの導入方法については「【Subnautica】QModManagerの使用方法とModの導入方法」で紹介をしています。

1.1.4 SMLHelper (Modding Helper)について

こちらのModを使用するには、下記のリンクからダウンロードできるSMLHelper (Modding Helper)も必要になります。
SMLHelper (Modding Helper)のインストールは、ダウンロードしたModding HelperというフォルダをQModsフォルダにコピーするだけです。
https://www.nexusmods.com/subnautica/mods/113?tab=files

1.2 Repair Moduleのダウンロード

Repair ModuleはNexus Modsの下記のリンク先からダウンロードできます。2020年3月時点での最新バージョンは2.5です。
MAIN FILESにあるMANUAL DOWNLOADというボタンをクリックするとダウンロードできます。
https://www.nexusmods.com/subnautica/mods/133?tab=files

1.3 Repair Moduleのインストール

ダウンロードが終わったら解凍して、RepairModuleというフォルダをSubnauticaがインストールされている場所にあるQModsにコピーをすればインストールは完了です。

コピー後のフォルダ構成が以下のようになっているか確認をしてください。

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Subnautica\QMods\RepairModule

1.4 Repair Moduleのアンインストール

Repair Moduleをアンインストールするには、コピーしたRepairModuleをフォルダごと削除してください。
他のModがない場合には、QModsフォルダも削除してかまいません。

2. Repair Moduleの使用方法

Repair Moduleは、シーモス及びプラウンスーツに乗ったままで修理が可能になるモジュールを追加するModです。

Repair Moduleを導入後、ムーンプール内のファブリケーターの共通モジュールからRepair Moduleが作成可能になります(下画像参照)。

317_01

シーモス及びプラウンスーツに乗ったままでRepair Moduleをセットしたスロットのキーを押すと、修理が開始され、100%まで回復すると終了します(下画像参照)。修理を行うとパワーセルの残量が減ります。

317_02


【Subnautica】おすすめMod一覧」へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました