MENU

    【Subnautica】Mod「Resource Monitor」の使用方法

    112_00

    PC版Subnauticaで使用できるMod「Resource Monitor」の紹介をします。

    Resource Monitorは、ロッカー内のアイテムを表示するモニターを作成可能にするModです。
    以下でResource Monitorの導入方法と使用方法について紹介をしていきます。

    1. Resource Monitorの導入方法
    2. Resource Monitorの使用方法

    ※Mod等の使用は自己責任です。

    目次

    1. Resource Monitorの導入方法

    1.1 準備

    Resource Monitorを使用するには、QModManagerが必要になりますので事前に導入を済ませておいてください。QModManagerの導入方法については「【Subnautica】QModManagerの使用方法とModの導入方法」を参照してください。

    また、下記のリンクからダウンロードできるModding Helper V2 (SMLHelper)も必要になります。
    Modding Helper V2のインストールは、ダウンロードしたModding HelperというフォルダをQModsフォルダにコピーするだけです。
    https://www.nexusmods.com/subnautica/mods/113?tab=files

    1.2 Resource Monitorのダウンロード

    Resource MonitorはNexus Modsの下記のリンク先からダウンロードできます。2020年1月時点での最新バージョンは1.0.5です。
    MAIN FILESにあるMANUAL DOWNLOADというボタンをクリックするとダウンロードできます。
    https://www.nexusmods.com/subnautica/mods/166?tab=files

    1.3 Resource Monitorのインストール

    ダウンロードが終わったら解凍して、ResourceMonitorというフォルダをSubnauticaがインストールされている場所にあるQModsにコピーをすればインストールは完了です。

    フォルダ構成が以下のようになっているか確認をしてください。
    C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Subnautica\QMods\ResourceMonitor

    1.4 Resource Monitorのアンインストール

    Resource Monitorをアンインストールするには、コピーしたResource Monitorをフォルダごと削除してください。
    他のModがない場合には、QModsフォルダも削除してかまいません。

    2. Resource Monitorの使用方法

    ここからはResource Monitorの使用方法を紹介していきます。

    Resource Monitorは、設置したベース基地やサイクロプスにある全ロッカー内のアイテムとその個数を表示するモニターを作成可能にするModです。
    ビルダーの内装モジュールの項目にResource Monitor Screen LargeResource Monitor Screen Smallが追加されているので、ここから作成が可能です。
    LargeとSmallは、材料とモニターの大きさが違います。

    Resource Monitorを設置すると、ロッカー内のアイテムとその個数が下の画像のように表示されます。

    112_01

    アイテムにカーソルを合わせると「Take アイテム名」と表示されるので、クリックするとそのアイテムをロッカーからインベントリに移動させることも可能です。
    ロッカー内のアイテムの他に、水ろ過機で生成される水と塩もモニターで表示されます。


    【Subnautica】おすすめMod一覧」へ

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA

    目次